2030年グループ100社! 女性も安心して働ける職場で仲間を募集!

三福グループ
  • グループ全体で募集
  • 愛媛
  • 年収イメージ:370万~480万円
募集職種・ポジション 三福グループとしての募集
※三福グループに応募頂き、ご希望や適性を見て配属先の判断となります。主に人事・経理・総務広報及びフィットネスジム運営スタッフなど、多岐に渡る業務にチャレンジしたい方、幹部又は社長を目指す方を募集します!
※以下募集要項については、各事業会社によりますので、面談時に詳しくお伝えします。
仕事内容 【不動産】不動産賃貸仲介、不動産売買仲介 ウィークリー・マンスリーマンション
【コンサルティング】賃貸経営、資産運用、土地活用、不動産トラブル
【管理】アパート・マンション・駐車場管理
【建築】リフォーム、建材販売、建築設計
【スポーツ・健康・美容】24時間フィットネスジム、リラクゼーションサロン、セルフエステ、アンチエイジング、温浴施設
【教育・福祉】障がい者就労支援、高齢者向け住宅・施設紹介、自習室、英語保育園
【ホテル・観光】ホテル、簡易宿泊施設運営
【ビジネス支援】貸会議室、コワーキングスペース、ソーシャルオフィス
といった事業内容があるので、多岐にご活躍して頂けます。
想定収入 【年収イメージ】
27歳女性 実例 約370万
31歳女性 実例 約420万
42歳女性 実例 約480万
※賞与含む
募集背景 愛媛県松山市を日本一、元気にしたい。
2030年までに100社のグループ企業を目指しているため。
求める人物・スキル・経験 高校卒以上
未経験OK
40歳以下(長期勤務によるキャリア形成を図るため)
雇用形態 正社員又は業務委託契約
勤務地 愛媛県松山市
勤務時間(就業時間) 平日9:00~18:00(60分休憩)
※実働8時間
試用期間 3カ月
※雇用形態や待遇の変更なし
休日・休暇 年間休日数105日
※年末年始やGW等連休含む
※その他会社カレンダーによる
待遇・福利厚生・加入保険 ・社会保険完備(労災保険/厚生年金/健康保険/雇用保険)
・退職金積立制度有
・資格取得支援制度(自習室無料利用他)
・クリスマスケーキ・恵方巻・丑の日にはウナギ・誕生日にはお花プレゼント!
・会社携帯電話支給(iPhone)
・サンクスカードアプリ導入
・育児休暇制度※女性社員実績14人
・事業所内託児所(英語で教育 インターナショナル保育園 社員割引制度有)
・従業員割引制度(住宅購入仲介料30%割引・住居契約仲介料50%割引・THE BONDS宿泊料1泊50%割引)
・リラクゼーション各種割引
・24時間フィットネス 入会金 月額利用料無料
・温浴入浴施設割引
・アンチエイジングE3会費 社員割引(日本最大1000坪級のパーク 最先端機器 健康と美容)
・定期健康診断・インフルエンザ予防接種・がん保険加入制度あり
・表彰制度 : 新人MVP・年間契約件数MVP・不動産年間売上MVP・各社最優秀貢献賞・社長賞・永年勤続表彰(10年以上)
住居手当など グループ共通
家族手当1人目 10000円・2人目 5000円

詳細インタビュー

社長経歴

―大学中退からグループ経営へ
大学進学したものの、1年生の時に中退しました。それから25歳までは色々なアルバイトを経験して、26歳で家業のなかや手芸に入社、その後代表に就任しました。30坪ほどの小さな店舗を構えていたのですが、3年ほどで1億5000万円ぐらいの売り上げまで伸ばしました。その過程で27歳の時にもともとアルバイト時代から勤めていた三福綜合不動産を譲り受けて、それから23年ほどやってきて、さらにグループ会社として10数社増えているというのが現状です。

―高校時代から志した実業家という目標
若い時から将来は実業家になりたいと思っていました高校生の時にはもう明確でしたね。というのも、親戚がみんな商売をしているんです。正月に集まる場でも商売の話をするような環境にいたので、おのずと考え方がそうなったのかなと思います。
それほどにリーダー経験があったわけではなかったのですが、非常に良い体制で事業を継ぐことができ、当時はパート社員を入れて8名という小さな組織からきれいにマネジメントを勉強できたのは非常に幸せだったなと思います。

―社長になるうえで越えるべきステップ
なかや手芸の専務時代に、ロットの採用や取引業者の開拓、また業者やお客様とのお付き合いまで全部に携わっていたので、社長になってからも変わらず業務を進めていけるだろうと思っていました。ところが、社長になった際はこれまで普通にできていたことができなくなるという風圧をすごく感じましたね。ただ、そういう風圧に耐えていくことは社長になるうえで必要なものであって、今では社長というポジションに就くのにあえてこの風圧を自ら乗り越えていくというステップをメンバーに設けています。

―女性取締役が語る、中矢社長のすごいところ
アイディアが次々と生まれてくるのが素晴らしいなと思っております。
新規事業を起こすときもそうですけれど、例えばその事業の中でどう集客しようかというテーマがあったときに、次々にアイディアをご提案いただけるのですごく助かります。どこからそのアイディアが来ているかというと、例えば、食事に行く際にも、その食事につながる何か、新規事業につながる何かに常にアンテナを張っていらっしゃっていたり、車での移動中も、急に窓を開けたなと思ったら写真を撮ってインスピレーションを残したり、起きている時間が常に新規事業の発想の時間になっていることをとても感じます。

―アイディアの源泉はお客様目線・取引先目線
常に商売のことを考えているというと、儲けることばかりを考えているように映るかもしれません。もちろん儲かるが故の商売ではありますが、そこにはあまり興味がないのが正直なところです。どちらかというと、こうしたらお客さんが喜ぶなとかビックリするなということを日頃考えています。例えば、モノを仕入れて販売するときに、当然自分のところが儲かるように考えるのが普通の思考です。一方で仕入れ先が儲かるようにという発想はなかなかないと思うんですよ。さらにお客様を含めて幸福になる道を探求する、これができると商売としても非常にうまくいくと思っています。まさにそこに事業の判断基準が流れていますね。

企業理念

―色褪せない経営理念
「我々の全ての活動は、人間の幸福を目的とする」
この経営理念は、私が社長になってから作ったものですけれど、この想いは今も全く変わらないです。時が経ち、流行りが変わろうが決して変わらないもを築き上げないといけないということで理念をつくりました。唯一変化があるのは私自身の謙虚さがなくなってくるという点ですね。謙虚に謙虚に考えないといけないなと常々思っています。

今後のビジョン

―100社のグループ会社をつくる―目標に込めた思い
2030年までに100社のグループ会社を誕生させることを目標にしています。この目標の理由は二つあって、一つは世の中を良くしていくと考えた時に、成功者を数多く作りたいと思ったことです。結局のところ社長には誰でもなれると思っていて、ただ、経営を教えるところはあっても、実践できる場がないのが現状です。経営は自転車みたいなもので、実践をして感覚的につかまないことには難しいので、それができる場所から作りたいなと思っています。
二つ目に、事業自体がどんどん短命化しているという背景において、従来の発想で繰り返していては事業の発展にはつながらず、地域の発展にもつながりません。これまでとは異なるビジョンで事業を考えておかないと永続的に発展することはないだろうなということでこの目標を作っています。

―事業は松山市内で展開
基本的には松山以外への進出は考えていません。そうすることで、福利厚生に関してもさまざまな施設を利用しやすくなりますし、教育に関しても充実していきます。ただ、業界は幅広くいこうという考えです。既存であるような業界は、お客様が競合になってしまうので、今までなかったものを松山につくっていき、より魅力的な地域づくりに貢献したいと考えています。

地域の魅力

―中矢社長が語る松山の全国に誇る魅力
私自身全国いろいろな街に行きますが松山市は総合点でトップだと思っています。というのは、色々な施設が充実していたり、空港も街に近く、温泉もたくさんあります。気候が温暖で、山の幸も海の幸も非常に豊富です。コンパクトシティーなので、遠い方でも通勤に車で片道15分くらいではないでしょうか。もし万が一大地震があったとしても確実に家に歩いて帰れると思いますよ。

―三福グループ女性取締役が語る松山市の魅力
(女性取締役1)
地域としていろいろな施設が充実しており、生活するには非常に便利だと思います。車で下の子を保育園に預けて、上の子をそのまま小学校に見送ってという動きがすぐに取れたり、遠くに行かなくてもコンビニやスーパー、夜間の病院も地域に何カ所もあるので安心して子育てができます。時間の制限を持っている感覚にもならず、気にせずに働けていますし、子供も自分のプライベートも家族のことも心配なく両立できています。

(女性取締役2)
私は県外で仕事や子育ての経験がありますが、松山の魅力というのは、人が温かく穏やかなところです。生活圏が中心部にコンパクトになっているので、生活するのに便利ですし、災害が少ないです。あとは物価も家賃も安く、子育て世代には特にありがたく、すごく暮らしやすい街ではないかなと思います。

事業内容詳細

―多岐にわたる事業内容
もともとは不動産業界でここまで来ているので、そちらは業界シェアをしっかり取りながら、24時間ジムに関してはバッティングセンターや卓球、ゴルフ練習場といった施設も設け、幅を広げています。今後は会員様が自由に使える施設に、カフェやエステ、サウナ施設も増やして、現在の16店舗から50店舗にまでしていきたいと考えています。
福祉事業に関しては、三福グループの多岐にわたる仕事を通じて就労支援を行っております。
自動販売機事業に関しても松山市内で現在約1100台置いていますが、今後は飲料だけではなく、その他飲食の自動販売機や、昆虫自販機という昆虫食の自動販売機などいろんな自動販売機を計画しています。
また、コンテナ式のトランクルームや、家の家電やキャンプ用品のレンタルも始めています。特に単身で住まいの方には、非常に便利にご利用いただいていて、壊れても荷物を交換してくれますし、退去するときにはそのまま置いていけばいいというサービスです。
エイジングケア事業にも力を入れていて、平均寿命が長くなっていきますから、老化を抑え若返りのニーズも大きくなります。松山三越の中に1000坪級のフロアを借り、エイジングケアパークとしてサービスを提供しています。

企業の強み

―アイディアが形になる
新規事業に関してはグループ内の社長陣や店長などから生まれることも多いです。現に、福祉事業もそこから生まれました。最初3年ほどは非常に苦労がありましたが、それをやりたいと言った本人が諦めずに取り組んできた結果、3年後には黒字化して事業として今もうまくいっています。そういった熱意を持ったメンバーがいるので新規事業が生まれますが、今は半分が私かもしれないです。ただやはりボトムアップで発信できるという関係を作り上げていくことは大切にしています。

キャリアステージ

―成果を重ねキャリアを形成していく
ずっと仕事をしていても成果に繋がらないのでは意味がないと思っており、究極的にはずっと休んでいても成果を上げられる、そんな人を望んでいます。雇われているという感覚を捨て、成果を上げるために色々な働き方を試し、個性を伸ばして、実績を積み上げていただきたいです。キャリアに関しては、基本的には一定の成果を上げて、それが認められて次の段階、その段階で成果を上げて、また次の段階となっていきますので、自分の得意なところにまずは行っていただきたいです。役員で入社される方も結構出てきているので、そのポジションでいかに成果を上げて次のポジションに上がっていくかを短いスパンでリアルに考えていただけます。

―社長から始まるキャリア
最終ポジションは社長ではなくて、社長はスタートです。カンパニー社長がスタートで、その次が代表取締役社長、最後にオーナー社長になって卒業していくというのがゴールです。100人の社長をつくるというと、店長を社長と呼ぶようなことはよく聞くかと思いますが、同じ業種でお店を構えていくのではなく、違う業種だからこそ100人の社長をつくる意味があると思っています。業種が違えば集客、社員の評価、また勤務体制をどうするかも異なります。ありとあらゆるものが大きく変わるので、そこを自分で考え実践することが経営の勉強にもなり、さらに経営の幅が広がっていくと思います。こうなったら、その人も経営者を育てることができるようになってきます。会社としてそういったチャレンジできる環境、キャリアは常に用意しています。
※多くは、副社長や専務を最高責任者としたカンパニーの長のことをいう

―女性社員のキャリア事例
一番最初は普通に正社員として入りまして、そこから社長秘書をさせていただいており、新規事業に携わることが非常に多くて、その中で24時間フィットネスにセルフエステを導入する新部署と秘書を兼務し、そこから昨年できたE3の会社責任者をさせていただくようになりました。

UIターン者に求める人物像

―成果志向で挑戦がしたい方を募集
三福グループに今ない事業でも構いませんから、そういったものを持ち込んで、本腰を入れて、ここで成果を出していきたいという方を募集しています。また時間はすごく限られるけれども、こういうことをやっていきたい、例えば正社員で8時間ではなくて、少ない時間だけでもやっていきたいという方も募集しています。うちの場合は副業奨励で、絶対やらないといけないぐらいに言っていますので、むしろ今やっている仕事と並行してこういう仕事もやっていきたいというような方も募集しています。また、東京と松山を半分半分行ったり来たりするような働き方も、私は良いのではないかなと思っています。またこのような思いを持ちながら子育てを両立する必要がある女性の方も大歓迎です。福利厚生の中で子育てや家庭との両立をする環境が整っていると自信を持っていますので、キャリアを諦めたくない方や、チャレンジをしたい方は是非話を聞きに来てほしいですね。

―女性取締役が語る三福グループに合う人物像
いろいろな方に入っていただきたいと思います。皆さん、得意なことがあれば苦手なこともありますので、それらを補い合うことが理想です。ゼネラリストですべてが平均点な方より、強みがはっきりしている方が集まって、互いの思いやりの中で組織として大きな丸を描いていく、そんなイメージです。また、様々なことへのチャレンジ意欲を持っていていただきたいです。このチャレンジはそれぞれの個性の中での挑戦のことで、守りが個性として強い方はその守りにチャレンジするという形で積極的にいろいろなことへ取り組んでいただきたいです。

働き方や働く環境

―正社員2児の母が語る経験談
私自身が2児の母で、下の子が幼稚園児、上の子が中学生と生活のリズムも違うので、もともとパートもしくは短時間で仕事を探していました。もちろん正社員は無理だろうと線引きをしていましたね。それが入社をしてみると、助け合うことがあたりまえの社内の雰囲気や、できないと思っていたことを可能にさせてくれる社風のおかげで、自分の先入観が一掃されました。ですので、働きたいけれど働けないと思っている女性の方もぜひチャレンジしていただきたいです。仕事のやりがいを通した自分磨きを一緒にできたら嬉しいです。

―女性の働きやすさを重視
女性の方は仕事に関していろいろな面で限定されていると思います。社会的にもまだまだ男性が前面に立っているところがあると思います。私がずっと仕事をやってきて思うのは性別が仕事の優劣に比例しないということです。現状、男性が前面に出るのが多い中で社会風土ではありますが、特に弊社では女性が安心して働けるような環境を積極的に整えていきたいと思っています。

―女性取締役が語る特に女性に嬉しい、多様な福利厚生
多角経営をしておりますので、さまざまな施設が社員割引で使えます。例えば優先的に賃貸を探せたり、24時間のフィットネスジムに無料で通えて、温浴施設も手ごろに行くことができます。また、子育てをしながら働いている女性は特に、エステに通う時間や美容を気にする時間をとりにくいと思いますが、松山三越にE3という施設があり、そちらは時間のない働く女性でも本格的な美を追求できる施設です。半額で会員になれる上、健康管理も併せてできるのでとても大きな福利厚生だと思います。

独特な社内制度や取り組み

―育児と仕事を両立できる仕組み-社内に保育園-
賃貸アパートやマンションを探しに、お子様と二人でお店に来られるお客様も結構いらっしゃって、そういったときにお母さんが安心して賃貸を探せるような託児ルームを10年前につくりました。そこに保育士さんを置きました。その後、社員のお子さんも預かっていくようになったというのが保育園ができたきっかけです。そのあとせっかくだから付加価値を付けた託児保育をやろうということで、英語保育を入れました。従業員はシフトをうまく組みながら明るいうちにお子様を迎えに来る方もいれば、どうしても残業の場合も長時間預けられるため、安心して業務と子育てや家庭のことを両立できるような形になっています。

会社情報

社名 三福グループ
本社 〒790-0964 愛媛県松山市中村2丁目1-3 
従業員数 235名(グループ各社総数)
資本金 2億4,000万円(グループ合計)
設立日 1953年3月1日
代表者名 中矢 孝則
事業内容 ・経営コンサルティング
・美容サービス業 セルフエステ/リラクゼーション
・スポーツ施設 P・SPO24 フィットネスジム運営
・不動産事業・土地活用事業
・ホテル事業 温浴施設
・児童福祉法に基づく障害児児童相談事業
・地域における障害のある人の就労 自立の促進
採用HP https://recruit.3puku.co.jp/